家庭のタイプに合わせて給湯器をチョイス【光熱費の節約】

必要なとき瞬時にお湯を

修理

買い替えの基礎的なことは

お水を瞬時にお湯へと変える給湯器は、どの家庭でも使われている器具です。給湯器の購入や設置を業者任せにする家庭も未だに多くいますが、給湯器の基礎的なことを知っておくことで次回の買い替えの際にはお得に購入することも可能になります。現在出回っている給湯器の種類では、ガス式や石油式、電気温水器、エコキュート、エコジョーズなどの種類が存在しており、自宅ではどの製品を使われているか知っておくことが大切です。使われる燃料によって給湯器の種類は異なりますが、燃料を変更することも可能となり、例えばガス式から石油式や石油式からエコキュートへの変更をすることもできます。一般的に使われている給湯器には給湯能力というものが存在し、1分間に何リットルのお湯を沸かせるかという号数が存在しています。独身や夫婦でしか使わない場合は1分間に16リットルのお湯が出る16号、2人から4人家族ではシャワーと給湯が同時にできる20号、4人以上の家族構成なら24号を使われるのが一般的です。買い替えの際には、容量不足と感じているときや容量を抑えたいというとき、号数の変更を検討してみましょう。給湯器は故障するまでそのまま放置し、トラブルが起きた際に修理や買い替えを検討する方も少なくありません。ですが、給湯器にも寿命というものがあり、耐用年数も存在しています。また、急に故障した場合はすぐに修理や交換ができるというわけではないため、お湯を毎日かかさず使いたい場合は、耐用年数が近いときや給湯器の調子がおかしいときに買い替えを検討するのが良いです。製品の種類にもオートタイプやフルオートタイプ、屋内・屋外設置型、メーカーの違い、給湯器の機能など様々にあることも覚えておきましょう。